月別: 2016年10月

  • 2016年10月17日
  • 一人カラオケ・ヒトカラ!私のストレス解消法

  • パチンコに行きたくなる一つの要因として「ストレス」があるのかなぁと思います。

    そこで、私は、ストレス解消の為、ヒトカラをやっています!

    そこで、私が最初に思っていた疑問点をまとめました。

    一人カラオケってお店は迷惑なの?
    今、最近のカラオケボックスのほとんどは、ヒトカラの料金プランがあったり、ヒトカラ専門のお店もあったりと、とても昔に比べて受け入れ態勢が整っていると感じます。ただし、料金がヒトカラ専用プランで若干高くなっている事が多いです。

    一人で入るのは恥ずかしい!
    大丈夫ですw最初だけですw
    私の周りに結構、ヒトカラをする人がいるし、ちらほら一人でカラオケをする人を見かけます。
    お店側も慣れているようで、特段おかしな空気になったりはしませんので安心して利用しましょう。

    どこがオススメ?
    私は、「サイバック」をよく理由しています。
    理由としては
    ・漫喫感覚ですのでとても入りやすい。
    ・時間帯にもよるのですが、結構安い!ナイトパックなどで、一晩中歌える。
    ・最悪あきたら漫画も読める!
    などなど、です。
    ただ、悪い点もあります。
    ・結構音漏れが激しいわ
    ・人が多い時はヒトカラは断れる可能性がある。
    などがあります。

    私は、結構歌うのが好きなのですが気を使ってしまうほうなので大勢で行くときは場をしらけさせないようにバラードだったり、みんなが知らない曲を歌わないようにして、カラオケがあまり好きではありませんでした。

    ヒトカラは誰にも気を使わないで良いので、私はすごくストレス解消になり、次の日は目覚めも良く清々しく過ごせますw

    パンチコに比べてとても健全な趣味かなと思いますので、みなさんも是非「ヒトカラ」でストレス解消をしてみてはどうでしょうか?

  • 2016年10月16日
  • 債務者になってしまった経緯 その2

  • そして、高校を卒業するまで、一度もパチンコは一切やらずに卒業。

    その後、特にやりたいこともなく、ブラブラと毎日を過ごしていました。

    まぁ、そんな不良息子をよく思うわけもなく、毎日、嫌みを言われるので、日に日に家を出たい気持ちを募らせました。

    ある日、家を出ることを決意!っといってもフラフラしてた私に貯金などもあるわけもなく、敷金礼金を親に負担してもらいました。

    いや~。ホントに親不孝もの、決して裕福な家庭ではないのに迷惑をかけました。

    その時はなんとも思わなかったのですが今は本当に感謝しています。

    で、生活費まで、出しもらうわけにはいかないので、そこそこ給料のよかったパチンコ店へアルバイトに行くことに。

    今思えばアルバイトでよく一人暮らしなんか始めたなぁと思います。

    そして、なんとなく始めたパチンコ店でのアルバイト。
    最初は、すごくわからないことだらけでした。

    例えば、スロットの目押し。
    スロットはパチンコと違い、大当たりすると自分でボタンを押し大当たり図柄を揃えないといけないんです。

    お客さんの中には、スロットの回転している図柄がみえない方もいるのでそんな時は店員に頼んでくるんです。

    当時、ホール店員をしていた私は、最初はジャグラーですら目押しができませんでしたw


    数日すると、バイトにも慣れ近隣のパチンコ店に同僚や先輩、友達とスロットへ行くことになることも多くなりました。

    このころは、「007」や「花火」といったいわゆるAタイプという機械が多くギャンブル性も今よりは小さく、何度もお店に足を運ぶ度に、パチンコ・パチスロの「怖い」という感覚が小さくなってきたのかと思います。

    この辺から、スロットとパチンコにハマってきたんだなぁーーーと今振り返ると思います。

    続きます。


  • 2016年10月15日
  • 続【脱!パチンコ依存症】過去に失敗した例

  • 私は、何度かパチ禁をしようと今回以外も何度か試みたことがありますが何度も失敗していますw

    そこで

    前回の記事
    【脱!パチンコ依存症】パチンコ・パチスロをやめる方法
    では、成功した例を書いたのですが。

    今回は失敗した体験をまとめてみましたw

    1.財布、カードを家において最低限の金額を持っておく。

    私が以前、見た「依存症克服」のサイトに書いてあり実践したのですが…

    結果は

    確実に家に取りに帰りますw

    嫁や誰かしら見張る人がいればいいのですが、
    私は、いないときなどは確実に取りに帰っていましたw
    やはり、この失敗で物理的にどうこうより意識を変えるほうが確実かなぁーーと思いました。



    2.金額を決めてする。
     
    これも上記と一緒で
    確実に守れませんw
    「あと、ちょっと!」「チャンスゾーン抜けるまでは・・・」と結局
    膨大な負けになっている事が多かったです。



    3.攻略誌を見たり、収支表をつけてなるべく勝てるようにする!

    結論からいいますと勝てませんw 

    「博打」というものは、長いスパンで考えると 胴元が勝つような仕組みになっています。

    私は、20代の若いころ若気の至りで半年ほどパチプロ(スロプロ)もどきみたいな事をやっていました。
    その時は24時間パチンコの事を考えて、まぁまぁ勝っていました。

    ですので、若干、パチンコ・パチスロで勝つことには自身があったのですが、家庭をもつと、行く時間も攻略誌を見る時間もありませんので中々勝つことができません。
     
    ですので、仕事、家庭がある方は、かなり難しいと思います・・・

    「そんなこと言ってるやつは!家族を言い訳にして、本気になってない奴だ!」

    と思われる方もいるかと思いますが、多分、そんな方は8割、家庭や仕事を犠牲にしていると思います。

    私は、今はパチンコ・パチスロは勝てないものだと思っています。

    パチスロメーカーがよく言っている「パチンコは適度に遊びましょう」やら、攻略雑誌にのっている必勝法などは、幻想ですw
    パチンコは勝てないので適度に遊べませんw 

    ですので、なるべく勝つ方法なんかないと私は思っています。



    ちなみに、語弊がないように追記しておきますと
    私は、パチンコやパチスロで稼がれている方を馬鹿にしているわけではありません。
     
    私は、某、旅打ちの「名〇誠」 さんをとても尊敬していますw

    ただ、私にはパチンコ・パチスロは向いていなかっただけですw

    少しでも、パチスロ依存症に苦しんでいるかの助けになれれば幸いです。 
  • 2016年10月14日
  • 【脱!パチンコ依存症】パチンコ・パチスロをやめる方法

  • ちょっとコメントにも質問がありましたので
    今回はパチンコ・パチスロをやめる方法を書こうかなと思います。

    「まだ、借金もあるお前ごときがなに言ってんだ?」
    等のご意見もあるでしょうが、さらっと見ていただくと助かりますw

    一応、今現在、私はパチンコ・パチスロ やめる事が出来ています。(2016年10月現在)
    まだ、再発する可能性はあるのですが、私がやめるために行った事をまとめます。


    1.家族のことを考える。

    これは私には1番効果があったかもしれません。

    中毒が1番ひどい時期だと、「ちょっと出かけてくる」などと言い子供の面倒を見ずに出かけたり、さらには、「仕事が遅くなる」など嘘をついてまで、行ってしまっていました。

    依存症の症状として、嘘をついてまで、行ってしまう。昼ごはんも食べずに平気で朝から閉店まで打てる。などがあるそうで、私は、両方とも当てはまっていました。

    ほんとに、家族をほったらかして、朝から晩までいない事などしょっちゅうありました。

    パチンコをしている間はいいのですが、帰り道で、「家族に申し訳ない」というどうしようもない気持ちになり、負けた日などは、「こんな、無駄な時間を過ごすならば子供達と過ごせばよかった」など、後悔の念がとてつもなく襲ってくることが多々ありました。

    ですので、わたしは、どうしても行きたくなった場合は、負けた時の自分を想像して、パチンコ屋に行く→負ける→お金と時間がなくなる→家族が悲しむ。といつも「負ける」ことを考えるようにしていました。

    そうすると、パチンコ店に行きたくなる事が少なくなりました。

    どうしても、依存者は負けても1,2日後には「次は勝てる」と思ってしまうものです(私もそうでしたw)
    そうはならないように、大切な人を思う努力をしてみるといいかもしれません。

    子供がいない方は、恋人、友達、親、だれでもいいので、あなたがパチンコ店に行っている間に大切な誰かが悲しむかもしれない、と思うといいかもしれません。


    2.趣味を作る

    私は、もともとゲームが好きで、学生の時は、熱中すると1日中ゲームをしていることもしばしばありました。

    スロットなどもこんな性格でのめり込むととことんやってしまう性格が、はまってしまった原因なのかもしれません。

    ただ、20代前後になると、ゲームはほとんどやらなくなり、それこそパチンコ・スロットにはまってしまいました。

    そこで、私は、またゲームにはまれば、ゲームがしたくて家に帰るんではないか?と考え、色々なゲームを買うようになりました。

    やはり、10代の時ほどとはいかなかったのですが、「続きがしたい!」と思い仕事終わりにもまっすぐ帰れるようになり、次第にパチンコ店に行きたいと思うことが少なくなってきました。

    ですので、どんな趣味でもいいんですが、代替えできる趣味をもつと依存から抜け出せれるのかな?と思います。

    3.パチンコのゲームをしたり、動画をみたりする。
    すいませんwこれは個人差があると思いますw

    私は、何度かパチ禁に失敗しているのですが、「一切、パチンコの事は考えない!」「パチンコが見えるとこには行かない!」とパチンコと生活を切り離そうとしていました。

    でも、やっぱり、コンビニやら、通勤中のパチンコ店の電光掲示板など、完璧に目に入らないなんてことは無理でしたので、ふらーーーーとパチンコ店に入ってしまったりしてしまいました。

    ですので、むしろ
    「とことん、本物以外をやってやる!」と思い
    YOUTUBEの全回転動画を見たり、ゲームのスロットをやってましたw
    人によっては、フラッシュバックして余計に行きたくなると思いますので、実践するかどうかは各々にお任せしますw


    4.10秒我慢ルール!

    上記のことをしていても、どーーーーしても行きたくなることがあります!

    依存は怖いですw

    そこで、わたしは、25歳に禁煙をしたときに実践していたのですが、10秒我慢するというルールを実行していました。

    単純に、すごく行きたくなった場合(タバコの場合は吸いたくなった場合)10秒我慢するだけですw

    そうすると、若干ですが、気持ちが落ち着きます。そこで、すかさず、趣味の事、家族の事を考えます!

    そうすると、行きたい気持ちが抑えられ、スーーーっと行きたい気持ちが落ち着きました。

    やはり、たばこと一緒で、日がたつにつれて、どんどん行きたくなくなる日が減ってきます。
    そうすると、後は、自然に我慢できるようになってきました。(今でもたまに行きたくなったりはしますがw)




    こんな感じで私は脱パチンコをしました。

    私は、決して意思が強いほうではありません。
    ですので、誰でも、ちょっと考え方の方向を変えることで、依存を克服するのはできるのかなぁと思います。

    もし、ギャンブル依存で苦しんでる方がいれば少しでも参考になれば幸いです。