月別: 2018年11月

  • 2018年11月19日
  • パチンコ依存症の時、見るべき漫画

  • 私は、漫画が大好きで、今も昔もよく漫画を読むのですが、そんな漫画の中には、借金をしているときに見ると登場人物に自分をあてはめ「このままではヤバイ!」とゾッとして読むのを躊躇してしまうような漫画があります。

    今回は、そんな「パチンコがやめたくなる、借金漫画」紹介しようと思います!

    この漫画を読んで自分を客観視してみれば
    パチンコを辞めれる!かも??


    ウシジマくん


    ストーリー
    丑嶋馨が経営する闇金融『カウカウファイナンス』は、10日5割(トゴ)の超暴利。彼の元に訪れる客は、丑嶋から借金をしたことをきっかけに運命が動き出す。この物語は、そんな『カウカウファイナンス』に訪れる客と、その関係者の様々な人間模様、そして社会の闇を描いたものである。
    引用:闇金ウシジマくん - Wikipedia

    こちらの漫画は結構、パチンコ依存の主婦やフリーターなど、が多数登場し、内容も生々しいです。
    私も、借金がMAXの時は、自分とリンクしてしまい、読むと軽く吐き気がしていましたw
    今だに、あまり積極的には読まないです。
    この漫画を読めば、借金とパチンコ依存に恐怖し、辞めるきっかけになるかもです。


    ミナミの帝王

    ストーリー
    幼少時代、非常に裕福な家庭(父親は萬田建設の社長・萬田浩一郎、母親は里子)で育つが、紆余曲折有って、後に貧困地区に堕ちた萬田銀次郎。そこで「長老」をはじめとする住民に政治・経済・礼節等を徹底的に叩きこまれ、その後、金貸しの師匠・矢吹金造に金融のイロハを習い、ミナミのマンションの一室に『萬田金融』(「萬田銀行」と称することもある)を開く。利息はトイチ、「逃げれば地獄まで取り立てに行く」が謳い文句で、法の中と外のボーダーラインで活動しているため、周囲からは「ミナミの鬼」と恐れられる。
    引用:難波金融伝・ミナミの帝王 - Wikipedia

    1992年から続く長寿漫画でドラマになったり、結構有名な漫画です。
    不動産や株、会社関係など、結構、題材が大きいのでパチンコ関係は少なめです。
    ただ、借金の辛さや、主人公の萬田銀次郎の取り立ての怖さもあり、借金の怖さを再認識するには持って来いです。
    現在、貸金業法は昔よりもかなり厳しくなっているのでこんな人いるのかな?
    かく言う、私も、消費者金融ですが、追い込みをかけられた一人ですが、萬田銀次郎に取り立てられたら、恐怖で死んでも返済するでしょうw


    ナニワ金融道

    ストーリー
    商都大阪を舞台に、マチ金(消費者金融)会社「帝国金融」(セリフ中ではこの表記、看板等では「帝國金融」)の営業マン灰原達之と、借金にまつわる因業深い人間模様を描いた作品。連帯保証人になった彼氏の借金の肩代わりをしてソープ嬢になる女、ご祝儀を盗まれてしまい穴埋めに奔走したあげく取り込み詐欺に手を出し破滅する男、詐欺的先物取引で全てを失う小学校教頭、法律の網の目をかいくぐる闇金融業者、更にはライバル企業との対決など、様々な人間や社会の裏表を描く。
    引用:ナニワ金融道 - Wikipedia

    ドラマ版ではSMAPの仲居くん主役を務めた、有名な漫画です。
    たしか、パチンコのシーンはあまりなかったかのように記憶していますが 消費者金融の裏や借金の怖さ、少し法律の勉強にもなるのでオススメです。


    パチラッチ

    ストーリー
    (Wikiが無かったので簡単に説明します) パチスロの裏物・爆裂AT機を主題とした漫画。本作の主人公?立ち回りが全てウラ目にでてしまう男「大作」がスロット仲間のヒロシ、ミキと共に裏物があると聞けば、遠征し実践を行うという、裏物実践攻略漫画です。

    基本的に話の流れは、
    1.ミキとヒロシが裏物(漫画後半は爆裂AT機だったかな?)の情報を大作に教える。
    2.大作(若しくは3人)で打ちに行く。
    3.そして、大負けするw
    といった内容ですw

    たまに、勝利することもあるのですが
    基本的にオチは「ぐわーーーーっ!ハマったーーーー!」という大作の怒声で負けて終わるというものw

    この漫画を見て、「スロットって勝てないんだな」と再認識するという漫画ですw


    いかかでしたでしょうか?
    基本的には、借金の怖さやパチンコの不条理などを再認識してパチンコに行きたい気持ちを抑えればいいかと思います!

    ちなみに、紹介した漫画はすべて、私の好きな漫画です。
    決してディスっているわけではないのであしからずw